フィラリア症の症状|ストロングハートプラスのようなジェネリックも通販なら購入可能
容器に入っている白い薬

フィラリア症の症状

たくさんの薬

犬や猫の体内にフィラリアが寄生することで発症する病気、それがフィラリア症です。
フィラリアの幼虫は蚊の体内に寄生し、蚊とともに各地を転々とします。
そして、その蚊が犬や猫から血を吸うとき、逆流して動物たちの体内に寄生先を変えるのです。
主に心臓や肺動脈などに寄生するのですが、これらの場所でそのまま成虫に成長されたときが厄介です。
フィラリアの成虫は犬糸状虫という別名があり、その名前からもわかるように長い糸状の体をしています。
人間でも用意に目視できるほどの大きさになるのですが、そんなサイズの寄生虫が心臓や血管内で成長されてしまえば、当然血流は悪化してしまうでしょう。
それによってさまざまな症状を引き起こしてしまうのです。
しかし、それ以上に問題なのは、フィラリアによって命を落としてしまうペットもいるということです。
そのため、フィラリア症が発症し始めたら、すぐにでも治療を開始すべきなのです。

あらかじめフィラリア予防薬を用意しておけば、いつ症状が出てもすぐ投与できます。
しかし、症状が出たということは、体内のフィラリアがある程度成長してしまっているということです。
すでに危険な状態にまで進展している可能性も0ではありません。
ですので、症状が出てからフィラリア予防薬を購入しようとしていては遅い可能性もあります。
そこで、いつでも利用できる個人輸入代行を使い、前もって注文・購入しておくことが望ましいのです。